おととひばり

日常と音楽と 言葉にしたいこと

426/スピッツのはなし

よし、今日も書くぞ

と思ったのが授業中でした。

授業中に書いてます。先生とってもいい人なのに。ごめんなさい

 

ポピュラー音楽に関する授業なのですが

いろんな映像を見せてくれたり、話してくれて楽しいのですが、やっぱり眠い…

 

 

スピッツの流れ星っていう曲があるんですけど

今日朝聞いてて

歌詞が素晴らしいことに今更気づいてしまいました

「君の心の中に棲む ムカデに噛み付かれた日

干からびかけていた僕の 明日が見えた気がした

誰かを憎んでたことも なにかに怯えたことも

全部霞んじゃうくらいの 静かな夜に浮かんでいたい」

詩的すぎて最初意味わからなかったんですけど1文ずつ紐解くとすごい。

 

誰の心にもムカデは住み着いてます多分。

私にも、あなたにも。

 

スピッツの歌詞はこういうのが多いですね

一見超意味わからないものが。褒めてます

それを頑張って考えて想像するのが大好きです最近

 

 

あ、あと十分で授業が終わる

戻ります

また、書こうかな〜