読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星野源「生まれ変わり」

星野源といえばもう今大人気のアーティスト。

歌だけでなく俳優業や文筆家としても幅広く活動し、先日自らが出演するドラマの主題歌が解禁。MVがYoutubeに載っている。

 

さて、今回紹介するのはその星野源の「生まれ変わり」という曲。

私が個人的に思い入れが深い曲。

「Stranger」というアルバムに収録されているこの曲は、なんだか曲調が海に合う。

どこかの島で海を見ながら星野さんが弾き語りをしている、そんな光景が浮かんでくる。

 

何度も何度も繋いだ手が

いつまでも輝けばいいな

 

という歌詞から始まるのだが、この「何度も何度も」という言葉が終始たくさん出てくる。

そしてそのあとには「いつまでも」「続けばいいな」など未来への願いが込められているような歌詞。

「生まれ変わり」というタイトルと歌詞がどんな関連性を持ち、どんな意味があるのか。深読みすると面白い。

 

この曲で私が特に気に入ったのは、最後のサビ。

ここで曲が転調し、サビの歌い出しが「何度も何度も」じゃ無くなる。

ずっと続いてきたものががらりと雰囲気を変えいい意味で期待を裏切っていくのがたまらない。

ここで急にコーラスも豪華に音が重なり、静かに終わりに向かっていくなんとも後味のいい曲。

 

すごく後悔することがあった時、この曲を寝る前に真っ暗な部屋の中で聞いていた。

その時のことを思って心臓を掴まれたような気持ちに今でもなることがあるけれど

それでも決してもう二度と戻らぬ日々のことを、いつかよかったと思える日が来るのを誰もが待っている。

その時までそれぞれの思いを抱えたまま

日々を歩くしかない。

 

 

 

 

音楽を聴くと自分の経験とリンクしていく感覚が楽しいと思えるようになった。

苦い思い出もそのままに

楽しい思い出も拾い集めながら

こうして言葉を綴ることに時間をかけて生きていきたいと思えるようになった。

 

そう思えるようになるきっかけの一つがこの曲。