おととひばり

日常と音楽と 言葉にしたいこと

雨のパレード 「YOU」

雨のパレードの楽曲はとにかく「美しくて透明感がある」というイメージ。

Youは彼らの最新シングルの表題曲である。

 

彼らの魅力はまずサウンドにある。

ドラムひとつとっても単なるドラムセットではなく様々な打音、アナログからシンセサイザーに至るまでを使い分け、楽器本来の音と機械的な音を組み合わせることで優しくも力強い音を作り上げている。

 

そしてボーカルの声。バンドにおいて「顔」ともなるその声は独特で、切なく優しく歌い上げたかと思えば曲の盛り上がりに応じて力強くなる。

ミュージシャンだけでなく「アーティスト集団」を名乗る彼らは今注目のバンドのひとつであり、目が離せない。

 

この楽曲は個人的に思い入れが強い。

「あの頃の僕」や「今でもまだ覚えてる」など、後悔を思わせる歌詞

そしてタイトルにもなっている「あなた」の存在

 

最後のサビの歌詞にもなっているが、

人は誰しも一人では生きていけない。

 

この言葉はよくいろんなところで目にするし、やっぱりくさい言葉だと思う。そして、わかってるよ!とつい言ってしまいそうになる。

 

けれどこの曲はその独特のクサさが全くない。

人間誰もが頭ではわかっていながらも相手をないがしろにしてしまったりうっとうしいと感じてしまう。それゆえに傷つけてしまうこともあるし私にも見に覚えがある。

ただそれを歌っているこの曲はすっと胸に落ちていく感覚で心地いい。

 

 

 

相手がいてこその自分の存在を認めたくない時がある。

自分は一人で立っているんだと思いたいこともある。

けれど、自分は一人で立っているんじゃない。

今まで出会った「あなた」、今一緒にいる「あなた」

そしてこれから出会う「あなた」がいて、自分がいる。

 

 

そんなことを改めて教えてくれる曲。