おととひばり

言葉にしたいこと

0.

全部の記事を消してこんばんは。

このブログで、個人的なことばかり綴っていますが共感してくれる人が一人でもいたらと思っています。

たまに音楽のこととか書く

 

さてさて

人の衝動的に強く動こうとするところを見たり、刺激的なところを見ると

なんだかわたしは空っぽになってしまう癖があります。

吸い取られてしまったというのが正しいのでしょうか

リセットされているような感じ。

そして今がそれです。

 

アンナチュラルを見たからだと思う。絶対に。

みなさん見てますか?アンナチュラルというドラマ。

法医学研究所が舞台の1話完結ものですがとっても面白くて。

そして昨日放送だった第5話は本当によかった。一番心に刺さりました。

 

見た人にしかわからないけれど、わたしきっとあの中の誰かだったら… 

中堂さんと同じ気持ちになります。

もちろん、人を殺すのは良くないことだけれど

不確かな中でもがき続ける苦しみを知ったら きっとああすると思う

そして、本望だったでしょうと思うと思う。

すごく非人道的なのかもしれないけど

 

わたしは録画していたので今日いまさっき見たんですが

なんだか余韻が抜けません。

 

ドラマの作り自体がそもそもとっても面白くて

脚本がいいんでしょう多分、言葉運びとかも興味深いものばかりで

あーだめだ、なんだかぼーっとしています。

 

劇中にもあったけど

わたしも他人の幸せを憂うことがあります

腐る程あります。汚い感情だとも思うけれど あってよかったとおもうこともあります。

でもなかなか他人の幸せって壊せないなあ

だからあの犯人には全く同感できないです

もし他人の幸せをそんなにも妬ましく思うなら

自分を幸せにしてあげたほうがいいんじゃないかなと思うのです

…まあ、わたしはなかなか自分を幸せにしてあげられませんが。

 

他人のことばかりを考えてしまう毎日です。

「元気かな」「ちゃんとしあわせかな」「ねむれてるかな」

「怒ってないかな」「次会うときも、笑顔で会えるかな」「久しぶりに会ってもわたしのことを覚えているかな」

毎日気が気じゃなくて

悪いほうにばかり実現する夢を見てしまいます。

友人に情けないと言われました。本当にその通りだね。

 

 

この情けなくてどうしようもない自分を、もう少しだけしあわせにしてあげたいなと思ったよる。

救って、掬ってあげたいなと思ったよる。

 

おやすみなさい。

また書きます